無利息借入って法的にNG?

キャッシング会社では、契約から一定期間無利息になるサービスを行っている所が多々あります。

 

このサービスを利用すると、その期間分の利息を得することができたり、無利息期間中に完済する事ができれば利息を支払うことなくキャッシングを利用することが出来ます。

 

無利息で借りると犯罪って本当?

 

無利息期間サービスは、今や珍しくなく各社が提供しています。

 

比較的多いのは、新規に契約を行うと、30日間無利息でお金を借りる事ができるプランです。

 

通常ではキャッシングを行うと、必ず利息が発生します。

 

お金を貸す側はそれこそが収益なので、無利息で貸していては全く商売になりません。

 

ですが、大手の消費者金融では普通に契約から30日間無利息になるサービスを行っており、この期間中に完済を行えば、本来その会社の収益となるはずの利息を全く支払うことなくキャッシングを利用することができます。

 

設定された無利息期間を過ぎてしまうと、その経過した日数分の利息が発生し払う事になりますが、その前に完済してしまい、一切利息を支払わないような行為は悪い事なのでしょうか?

 

犯罪になったりしないのでしょうか。

 

無利息で借りても問題はありません

 

結論から言ってしまいますが、無利息期間サービスを利用して、たとえ全く利息を支払わずに完済をしたとしても、とくに問題はありません。

 

無利息期間サービスを提供している会社では、全く利息を支払わずに利用することもできるということをホームページ上で掲載します。

 

何か問題があれば、そのような文言が書いてある訳がありません。

 

また、この無利息期間サービスは原則的に1社につき一度だけ利用することができるサービスです。

 

その期間が過ぎてしまえば、当然その後は通常の利息を支払うことになります。

 

誰もがその期間内で完済する訳ではないので、一部の人が無利息期間だけ利用したとしても金融会社は全く気になどしていません。

 

このサービスは新規の利用者に限って利用することがほとんどなので、新規顧客獲得の為のサービスだと言えます。

 

よって、例え何人かに完全に無利息で利用されてしまっても、一度契約をすると何度でも借り入れや返済を自由に繰り返せるというキャッシングのシステムから、後々の利益につながることは間違いありません。

 

つまり、無利息になるのは最初だけなので、その期間だけ全く収益にならないことがあってもそれが経営的に問題になることや、全く利息を支払わずに利用した人を問題視するようなことは一切ないのです。

 

まとめ

 

無利息でキャッシングを行ったとしても、何も問題はありません。

 

もちろんその期間中に完済をして、全くの無利息で利用しても、それは用意されているサービスを最大限有効に利用したというだけのことです。

 

逆に折角用意してくれているサービスなので、積極的に利用するべきだと言っていいでしょう。